ピルの種類について

かっこいい女性

ピルには大きく分けて2種類あることをまず知っておきましょう。
それぞれの違いを知っておかないと、自分の利用目的に合っていないものを服用してしまう危険があります。
服用方法を間違えば、いくら低用量ピルといえども避妊の効果を発揮してくれないので充分注意しましょう。

低用量ピルは冒頭でも言ったように、セックス前に服用することで避妊効果を発揮してくれる医薬品です。
含まれている女性ホルモンによって、受精しにくくしてくれるため、妊娠を防ぐことができるのです。
これに対して、セックスの後から服用することで避妊効果を発揮するのが、アフターピルと言われるものです。
こちらは緊急避妊薬という別名からもわかるように、いざというときの最終防衛線と思っていただければいいでしょう。
コンドームの破損によって避妊を失敗してしまった場合や、性的暴行を受けてしまった際などに大きな効果を発揮します。

低用量ピルでもアフターピルでも共通しているのは、「女性自身の意思だけで避妊をすることができる」という点です。
悲しいことですが性的暴行による被害というのは絶えませんし、男性の中にはコンドームを使用せずにセックスしたがる人も多いです。
性的暴行を受けたあとにアフターピルを飲んで意図せぬ妊娠を防いだり、低用量ピルで事前に避妊した状態でコンドーム無しのセックスに応じるなど、女性1人で避妊を完結させることができるのです。
コンドームはどうしても男性の意思が必要になる分、自分1人ではどうしようもできませんが、これらのピルであれば簡単に妊娠を防ぐことができるのです。